日常の点検とお手入れ TwinPower Turbine

確実なメンテナンスを行わないとタービンの早期故障につながります。
午前と午後の診療終了後、及びオートクレーブ滅菌前に、次の手順に従い、必ずメンテナンスを行ってください。


1.洗浄 → 2.消毒 → 3.注油 → 4.滅菌 → 5.保管


1.洗浄

 ・バー・ポイントを取外し、ヘッドに付着した切削粉・血液等を柔らかいブラシなどで流水洗浄します。
 ・ハンドピースを薬液、機能水に浸さないでください。

  :ハンドピース及びバー・ポイントに薬液、機能水が付着した場合は必ず流水で洗い流してください。


2.消毒

 ・ハンドピース全体を柔らかいブラシ、ガーゼなどを用い消毒用エタノールで清拭します。

  このシンボルマークが付いているハンドピースは、高温洗浄消毒器により洗浄と消毒 が行えます。

  :高温洗浄消毒器をご使用の際は製品に添付されている当社指定条件を 遵守してください。


3.注油

ARスプレー または モリタマルチスプレーでのメンテナンス

 ・チャック及びハンドピースにARスプレー または モリタマルチスプレーを2秒注油します。
 ・15秒以上空転させ、ヘッド内の余分なオイルを除去します。

 :スプレーノズルはタービンのジョイントに適したものを使用してください。
 :注油の際はミストが飛散して目に入らない様、ガーゼ等で覆ってください。
 :空転の際はプッシュキャップを押さないでください。

 ルブリナでのメンテナンス

 ・ARスプレー または モリタマルチスプレーを使用し、ルブリナにてメンテナンスを行います。

 :ルブリナの使用方法は取扱説明書をご覧ください。


4.滅菌

 ・表面に付着したオイルをガーゼ等でふき取ります。
 ・滅菌パックに入れ、オートクレーブ滅菌をします。

 :滅菌・乾燥温度は、135℃以下で行ってください。


5.保管

 ・オートクレーブから取り出し、保管します。


NOTE

 

 :メンテナンス時は、手袋を着用してください。
 :必ずARスプレー または モリタマルチスプレーを使用してください。
 :詳細は取扱説明書をご覧ください。

ご質問はありますか?

お問い合わせ内容を入力ください。

当サイトで掲載している製品、サービス等の情報は、
医療従事者の方に提供することを目的として作成されています。
一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

あなたは医療従事者ですか?

For customers outside of Japan, please select the English website.