3D Accuitomo F17

3D Accuitomo F17 実現80µm 超高解像度の世界

実現80µm 超高解像度の世界

広い撮影領域でも高解像度を実現
80µmの超高解像度で、側頭骨、鼻・副鼻腔、顎骨、歯牙などが観察できます.

最少ボクセルサイズ80µmの超高解像度
ボクセルサイズ80µmの超高解像度で、拡大しても滑らかな画像を実現します。

幅広い臨床に対応する高解像度・撮影領域

局所から大領域まで、観察部位に応じて選択可能な9つの撮影領域

顎顔面をカバーする大領域(Φ170 x H120mm)から、局所領域(Φ40 x H40mm)まで、幅広い臨床に対応する9つの撮影領域が選択可能です。
観察部位の大きさや目的に応じた撮影領域を選ぶことで、被ばく線量を低減できます。

撮影領域: 直径 x 高さ
Φ170 x H120mm Φ170 x H50mm
Φ140 x H100mm Φ140 x H50mm
Φ100 x H100mm Φ100 x H50mm
Φ 80 x H 80mm
Φ 60 x H 60mm
Φ 40 x H 40mm

Φ170 x H120mm (250µm)

Φ170 x H50mm (250µm)

撮影領域が大きくなっても高解像度を維持

解像度は診断に合わせて、最少80µm、125µm、160µm、200µm、250µmまでのボクセルサイズが選択可能です。
また、領域が広くなっても歪みが少ない高解像度を維持します。
*撮影領域の大きさによって選択できるボクセルサイズは制限されます。

Φ140 x H100mm (250µm)

Φ100 x H100mm (250µm)

Φ 60 x H 60mm (125µm)

撮影済みデータから、ズーム再構成が可能

撮影済みの画像データから局所領域を指定し最少80µmの超高解像でズーム再構成ができます。
部位を限定してより高い解像度で画像化するなど、ハイレベルな精査・診断が可能です。
また、撮影済みの画像データを用いるので、再撮影の必要はありません。

下図の黄色円形を選択し、ズーム再構成を実施する
φ170xH120mm(250μm)

左図の黄色円形の部分のみズーム再構成を行った結果
φ40xH40mm(80μm)

 

高速から高解像度まで、4つの撮影モード

標準(Std)モード
側頭骨、鼻腔、顎骨、歯牙など、局所から大視野まで適用できます。

高画質(Hi-Fi)モード
データ密度が高く、標準モードよりクリアな画像に。特にズーム再構成時に適しています。

高解像度(Hi-Res)モード
検出器のピクセルサイズを1/4にすることで、4つのモードのなかで最高の空間分解能を実現します。

高速(Hi-Speed)モード
モーションアーチファクトを軽減し、小児など動きを抑制しにくい患者さんに有効です。

Stdモード Φ170 x H120mm

 

撮影時間は、
標準(Std)モード: フルスキャン17.5秒、ハーフスキャン9.0秒
高画質(Hi-Fi)モード: フルスキャン30.8秒、ハーフスキャン15.8秒
高解像度(Hi-Res)モード: フルスキャン30.8秒、ハーフスキャン15.8秒
高速(Hi-Speed)モード: フルスキャン10.5秒、ハーフスキャン5.4秒 

※ 高解像度モード、高速モードはFOVΦ 40 x H 40mm、Φ 60 x H 60mmのみ選択可能です。

Hi-Fiモード Φ 80 x H 80mm

 

臨床をサポートする充実の機能

様々な機能を持ったアプリケーションを搭載し、ボリュームレンダリング内でのシミュレーションを行うことができます。 更に読む

様々な機能を持ったアプリケーションを搭載し、ボリュームレンダリング内でのシミュレーションを行うことができます。 

削開モード(神経管描画+ボリュームの削開)

疑似硬性鏡モード(透視投影法)

 DR(デジタルラジオグラフィ)モードを搭載しウォータース・副鼻腔正面といった頭部単純撮影に対応しています。

DRモード(副鼻腔正面)

DRモード(ウォータース)

低被ばく線量・歪みも抑えた高品質画像

フラットパネルディテクタ(FPD)

X線の強度分布をデジタル信号に変換するFPDの採用により、さらなる画質向上と照射線量の低減を実現しました。
FPDは磁場の影響を受けず、感度・分解能に優れ、広いダイナミックレンジと豊かな階調表現、歪の少ない高品質な3D-CT画像を提供します。

歪のないX線投影画像
受像面がフラットなため、歪のないX線投影画像が得られます。
画像再構成前の歪み補正は必要ありません。

低被ばく線量
撮影領域によりX線ビームの適切なコリメーションを行うことで、被ばく線量の低減と、散乱線を減少させます。

広いダイナミックレンジ*1
FPDは14ビット(8ビットの64倍)の広いダイナミックレンジです。豊かな階調表現能力により、より忠実に関心領域を描出できます。
*1 機器がどれだけ細かい信号まで再現できるかを表す数値で、検出器の入射X線に対応した信号の最小値と最大値の比率をビット数で表した数値です。


空間分解能 *2

高分解能
解像度2.0lp/mm(MTF10%)以上、ボクセルサイズ0.08mm(立方体)の高精細な画像が得られます。
*2 空間分解能は解像度とも呼ばれ、空間的にどの程度小さいものが見分けられるかを示します。

コーンビームCTの特徴

撮像原理
関心領域を中心に回転アームを約18秒(Std Mode)で360°回転させながらコーンビームX線を照射します。
回転角度に対応したX線透過画像をFPDでデジタル信号化し、コンピュータに送り、画像再構成アルゴリズムにより3D-CT画像を構築します。

低被ばく線量
撮影時間は18秒(Std Mode)。頭部の一部を撮影対象とした時のCTDIw値で比較すると、一般CTの1/7*以下です。(当社実測値に基づく)。
Hi-Speed Mode(約5.4秒 180°回転撮影)では、Std Modeに比べて、被ばく線量は1/3に減少します。
* IEC60601-2-44に基づき算出した当社推奨条件におけるCTDIw値と、ICRP Pub.87付録Aに示される顔面と副鼻腔に対するCTDIwの診断参考レベルとの比較による。(Φ 40 x H 40mmでの撮影時)

ボクセルの等方性
等方向ボクセルは立方体で、XYZすべての断面において高精細でスライスピッチやヘリカルピッチに起因するアーチファクトのない画像が得られ、リスライスをしても高画質をそのまま維持します。
ボクセル: 三次元データの最小構成単位

拡大してもギザギザのない滑らかな80ミクロンの超高解像度

 

症例画像

症例名: 耳硬化症

アブミ骨前脚付近の前庭窓前縁部(Fissula ante fenestram)を中心に生じた骨病変が脱灰様所見として認められる。アブミ骨上部構造に合わせたMPR画像を作成することにより、耳硬化性骨病変とアブミ骨との位置関係が明瞭に描出されている。

(画像ご提供: 河野耳鼻咽喉科 Ear Surgi Clinic 様)

症例名: 歯性上顎洞炎

左上顎第1大臼歯(根管処置・歯冠修復歯)の根尖病巣に起因する初期の歯性上顎洞炎を上顎洞底に認める。
メタルアーチファクトが少ないコーンビームCTの高精細画像により、原因歯、歯周組織、上顎洞の関係が詳細に診断できる。
佐藤公則: 現代の歯性上顎洞炎、九州大学出版会より

(画像ご提供: 佐藤クリニック 様)

画像診断ワークステーション i-Dixel

i-Dixelは1つのソフトウエアでCTデータをはじめ、動画・静止画像、オージオメータ・インピーダンスオージオメータなどの検査データを総合管理できる統合画像処理ソフトです。
i-Dixelは、ネットワーク上のクライアントPCでも動作しますので、チェアサイドで3D-CT画像の関節ができます。院外のPCでも、患者さんのデータを保存したDVD/CD-ROMにより、ソフトウエアなしで観察することができます。

DICOM3.0規格に対応
1. Modality worklist management service class
2. Storage service class
3. Modality performed procedure step service class
4. Print management service class
販売名 画像診断ワークステーション i-Dixel
一般的名称 汎用画像診断ワークステーション
機器の分類 管理医療機器 (クラスⅡ)
医療機器認証番号 226ACBZX00067000

当サイトで掲載している製品、サービス等の情報は、
医療従事者の方に提供することを目的として作成されています。
一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

あなたは医療従事者ですか?

For customers outside of Japan, please select the English website.