歯科用3次元エックス線断層撮影装置及びルナビューショットを使用し根管治療を行った場合に、手術用顕微鏡加算が可能となりました。※


※算定には施設基準の届出が必要です。

製品ページはこちら