社長メッセージ 一世紀を超えて受け継がれる思い

 私たちモリタ製作所はモリタグループの中にあり歯科機器および医科機器の製造販売を担っています。

 脈々と受け継がれてきたDNA、それは「進取の気性」と「四恩の精神」であります。

 私たちの製品群には幾つかの世界初、日本初があります。 これらの「他にない、他を超える」「人にやさしい」製品群は、臨床現場の「夢」や「アイデア」の実現のため、臨床現場に学び、臨床現場に育てられ創り出されました。 それぞれの製品を創り出す過程で臨床現場の先生方やビジネスパートナーの方々のさまざまな、ご指導、ご支援のお蔭で世に出すことができました。 常に感謝の気持ちを忘れずに、私たちの製品を選ばれた先生方の喜びの声を糧に、安心・安全でご満足いただける「ものづくり」に励みます。

 技術革新や環境の変化のスピードは目覚ましく世の中の動きを正しく把握して半歩先を行くことも容易なことではありません。 日々進化し続ける歯科機器、医療機器、ソフトウエア、生産技術、サービスなどのあらゆる面で常に業界をリードするためには、「人づくり」が一番重要であると考えます。 透明性が高く、風通しが良く、社員エンゲージメントが高く、すべての社員が働きやすい、社風づくりに努め、社員一人ひとりが誇りと自信に満ちた、「ものづくり」集団を目指します。

 当社の経営の核となる「たゆまぬ創意工夫」のもと、最高の製品・サービスを提供し続け、人々の健康と医療の発展に貢献できるよう企業活動に取り組んでまいります。

四恩の精神*
四恩とは「日常より恩を思い、感謝の気持ちをもって良心的な商いをせよ」という創業者の遺訓に基づくもので、もともと天地、国主、父母、衆生の4つに恩をもって生きるという仏教の教えです。

 

代表取締役社長

橘 昭文